2012年10月08日

「ツナグ」を見てきました♪

photo2photo1main_img01_4

昨日は旦那と映画「ツナグ」~松坂桃李主演の話題作です~
樹木希林さんが共演ってことと興味深いテーマだったので
てちてち映画館へ。。
ツナグはたった一度だけ死んだ人とあわせてくれる案内人。
ただし、
依頼人が死者に会えるのは生涯に一度、一人だけ。
死者も、生者に会えるのは一度だけ。
会えるのは月の出る夜。夜明けまでの限られた時間だけ。

思っていた以上に感じるものがありました。

目に見えるものが全てではない。
本当に大切なものは心で見る。

当たり前といえば当たり前の言葉ですが、あらためて
言葉で聞くと感じるものがあります。

劇中、樹木希林さんが「最上のわざ」という詩を口ずさみ
ます。

今回は特に感想をまとめることはしませんが、
旦那は楽しんでいたようですね~

久々の映画、よかったです♪

***********************

最上のわざ

この世の最上のわざは何?
楽しい心で年をとり
働きたいけど休み
喋りたいけれども黙り
失望しそうな時に希望し
従順に平静に己の十字架をになう
若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても妬まず
人の為に働くよりも
謙虚に人の世話になり
弱って、も早 人の為に役立たずとも
親切で柔和であること~。
老いの重荷は神の賜物
古びた心に、これで最後の磨きをかける
まことのふる里に行くために~。

(ヘルマン・ホイヴェルス神父の友人作)
「ヘルマン・ホイヴェルス著「人生の秋に」

n_koiti at 09:17│Comments(0)TrackBack(0)芝居 | ステージ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字